5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 不安症状の解消のためにセルトラリン25mgを飲んだとき
Where(どこで) 家や病院の待合室で
Why(なぜ) 心臓や肺、精巣に問題があるのではと不安に苛まれて
What(何を) パニック発作を起こした
How(どのように) ネットで類似例を調べ、アクティベーション症候群が起きている可能性を考慮して主治医に相談した
Then(どうなった) 合っていない薬をやめることができた
前提条件
  • 筆者は先月中旬に夜間救急を受診しており、その際の経験から健康への不安が高まっていた

なぜやってよかったのか

  • 不安症状やパニック発作が減った(不安症状の影響でささいな身体変化に敏感になってしまったが、それも少しずつ緩和されている)
  • 安心して外出ができるようになった
  • 吐き気や軟便に悩まされなくなった

やらなかったらどうなっていたか

  • 健康への不安から症状を調べ、自身への不安を増大させ、さらに症状を調べるというループに陥っていた
  • 昼夜問わず不安症状が起こり、外出さえ困難になっていた。副作用で新たに病気になるところだった

備考

  • あまりにも副作用からの余波が大きかったので、やはり体調管理は大切にしたいと思うようになった
  • 薬の副作用や不安時の身体症状(心疾患や精巣捻転など)を過度に調べるのも良くない。不安を増大させる一因につながる
  • 困ったらエチゾラム等の抗不安薬を飲むことや、周りの人(両親や医師などの医療関係者)を頼るのが一番である。難しい場合は、困りごとであればAIに話すのも一つの手段だと思う。
サブスクライブ
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る