5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 私が
When(いつ) 大学生の時
Where(どこで) 生活全般で
Why(なぜ) 発達障害で生きづらさを感じていたので
What(何を) 普段の生活で
How(どのように) 自ら狂人を演じるようにしていたら
Then(どうなった) 挙動も発言も変になり、それが自然になるからもっと変になっていった
前提条件
  • 健常者に擬態するのがしんどかった

健常行動ブレイクポイント

  • 発達障害だからといって自らそちら側に寄せてく必要はない

どうすればよかったか

  • 多少は生きづらさを感じながら生きていく方が社会的には正しくなる

備考

  • 今は大学の相談所に通っている
サブスクライブ
Notify of
3 コメント
新しい順
古い順 投票された順
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Anonymous
1 月 前

発達障害の症状一覧みたいなものを半意識的に普段の生活に当てはめて、やればできる事もできない方が自然だと思ってやらないことがある こまる

Anonymous
2 月 前

これに通ずるものがある

言葉は人格修正パッチである
https://healthy-person-emulator.org/archives/26852

Anonymous
2 月 前

狂人の真似をしたら実際狂人