5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 仕事(出社)中に
Where(どこで) 弊社オフィスで
Why(なぜ) 前職は怒られたくない一心で仕事でミスをしないように立ち回っていたら先にメンタルがやられて1年で失職、のちに就労移行支援事業所送りになったため
What(何を) 仕事をするときは
How(どのように) ミスってもいい、失敗したらヒヤリハット案件や事故事例としてメンバーに共有すればいい。むしろ、会議の議題のネタになる、と考えるようにした。
Then(どうなった) いまのところ無理なく働けている。
前提条件
  • 現職は、ミスしたらとりあえず報告すれば全責任はマネージャクラスの人が負ってくれる。

なぜやってよかったのか

  • 失敗しても前向きになれた。
  • 会議で地蔵になっていた。

やらなかったらどうなっていたか

  • 前職と同じことを繰り返していた。

備考

  • 責任感が強くてサビ残、週7労働ができない人は建設業に行ったらだめ。メンタル病む。今でもレキサルティ飲んでる。
  • 今の職場のよくないところは昼食費が高くつくこと、オフィス周辺にココイチがない、京葉線のホームから遠いことくらい。会社本体と何も関係ない部分。
サブスクライブ
Notify of
2 コメント
新しい順
古い順 投票された順
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Anonymous
4 月 前

就労移行事業所送りって言い方に少しモヤモヤ
自立訓練から始めた自分はそこが目標だったから、筆者さんにとってはそれは堕ちたという認識なのかな

Anonymous
4 月 前

ベンチャーやスタートアップ企業の中には失敗に寛容であることを文化として標榜しているところもあったりします。置かれた場所で咲く必要はないからね、自分にあう場所を探していこう👍