5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 最近
Where(どこで) 日常的な社会生活の中で
Why(なぜ) ふと思いついたので
What(何を) 自分の言動を
How(どのように) その言動の前に第三者視点で評価するようにしてみた
Then(どうなった) 後悔するような言動を無くし、衝動買いなども防ぐことができた。また、健常者エミュレーションにおける言動を評価できることで、より自然にエミュレーションすることができた。
前提条件
  • ・筆者は衝動的な言動で損をすることが度々あった。
    ・「言動」とは自分の発言と行動のことを指す

なぜやってよかったのか

  • 衝動的な言動を抑えることができるから
  • 言動を評価しそれをもとに改善するという流れにより、よりよい生活の実現手段となりうるから
  • 健常者エミュレーションをうまくはたらかせることができるから

やらなかったらどうなっていたか

  • 衝動的な言動により損をしていた
  • 言動の改善ができず、よりよい生活の実現において障壁となっていた
  • 場面に合わないエミュレーションにより、正しく健常者エミュレーションできなかった

備考

  • 健常者エミュレーションが生活の質を上げることを実感した
  • 衝動買いはまだときどきやらかしてしまう
サブスクライブ
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る