5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 提出課題があるが出かけなければいけないとき
Where(どこで)
Why(なぜ) 自宅にいても解決しないため
What(何を) 課題を
How(どのように) PCを持っていき目的地近くの電源があるカフェで行った
Then(どうなった) 遅刻する不安、課題をやっていない罪悪感、それらからくる食欲不振が解決した
前提条件
  • 目的地は電車で1時間半の離れた場所である。

なぜやってよかったのか

  • 目的地に近いため遅刻への焦りがなくなった
  • 違う環境で課題を行うため、モチベーションアップとちょっとした気分の良さを味わえた
  • カフェの場所を借りるため飲食が必然となり、半ば強制的ではあるが食事が行われた

やらなかったらどうなっていたか

  • 遅刻する不安に襲われながら課題を行っていた
  • 課題をしていない罪悪感の中出かけていた

備考

  • 仕事を持ち帰りすぎる/出先に持っていくと、仕事とプライベートの境界があいまいになり、精神崩壊したことがあるので、そもそも課題をぎりぎりに行うことは避ける。また、予定を詰め込み過ぎない。
  • PCを持っていくぶん肉体の負担は増えた。
  • ノマドワーク向けのカフェや、混んでいないデパートのフードコートなど場所と金銭面は考慮する。
サブスクライブ
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る