5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 私が
When(いつ) 学部3年次の研究室配属の際に
Where(どこで) 面談のzoomで
Why(なぜ) 研究室のテーマの一つが自分のやりたいことにかなり近かったため
What(何を) 教授の人柄や実情を考えずにその研究室に配属希望を出した。
How(どのように) その教授がアカハラ・モラハラ・セクハラなどの度重なるハラスメントと長時間の拘束により、体調を崩してメンタルにも支障をきたした。適応障害と診断された。
Then(どうなった) 再びその教授と出くわすのが怖くなり、大学への足が遠のいた。
前提条件
  • 本当にそれがやりたかった。なんとなくのうわさでやばいということを聞いていたが、今時そんなことはないだろうと思っていた。

健常行動ブレイクポイント

  • やばい教授を見抜くことができなかった。
  • ちゃんと上の学年から実情をヒアリングしなかった。
  • うわさを無視してしまった。

どうすればよかったか

  • 組織に入りたいときは、その組織のことをリサーチするべきである。

備考

  • 修士論文を急いでやる羽目になった。
サブスクライブ
Notify of
1 コメント
新しい順
古い順 投票された順
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Anonymous
2 月 前

正直、研究室選ぶ時は教授の人柄はかなり重視した方がいい。相性良くないと本当に辛い