5W1H+Then状況説明

Who(誰が) Aさん
When(いつ) 学生時代に
Where(どこで) 学校で
Why(なぜ) Aはコンプレックスに対するモヤモヤした気持ちを吐露したかったんだろう。
What(何を) Aのコンプレックスである一重
How(どのように) Aはコンプレックスである一重の話を友人Bに吐露した。
Then(どうなった) それからAと友人Bが仲違いした時、友人BはわざとAに一重を指摘し笑った。
前提条件
  • ちなみにどんなに仲が良くても、いつでも味方が敵になることはある。

健常行動ブレイクポイント

  • 自分のコンプレックスを友人に話したこと。
  • 自分のコンプレックスを容易く話してしまったこと。

どうすればよかったか

  • 自分のコンプレックスを話さない。特に見た目に関すること。

備考

  • 攻撃性が高い人はコンプレックスを使って貴方を攻撃してくる。
  • 攻撃性が高いか低いかは見分けにくい。
  • 攻撃はあからさまな悪口ではなく、仲良くしているフリ&悪気なさそうなフリをしながらじわじわと攻撃してくるパターンもある。
サブスクライブ
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る