5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 私が
When(いつ) 大学一年生の春学期のこと
Where(どこで) 大学で
Why(なぜ) コミュ障を治すためと経験を身につけるため気合を入れてインターンに申し込んだ
What(何を) インターン先ではディスカッションで課題を解決する形式で、職場体験はなかった
大阪が会場だったので建物がすごく高かった
How(どのように) ディスカッションを頑張ろうとあれこれ喋ってみた
また、自分が難聴者なので、伝えた方がいいだろうかと迷いながら伝えたり、怖がりながらも色々試行錯誤した記憶がある
Then(どうなった) コミュ障のくせに参加したのであんまり話せず、途中愚痴を言ってしまって一人に苛つかれた。
七日のうち二日知恵熱を出して休み、なんとか行き切ったが、自分と周りの同い年との差に愕然としたインターンで、なおさら大学生活を営む自信がなくなった。
社会人になる自信が失せてしまった。
前提条件
  • 私は高校三年間ほとんど人と喋っていない、中学で性的にいじめられて人間不信になっていたため
    それらを克服するために行動した

健常行動ブレイクポイント

  • インターンに申し込んだこと
    それよりハードルの低い集まりに参加した方が良かった

どうすればよかったか

  • コミュ障の人のための集まりに参加したかった
    まだマシだったかも

備考

  • 今は週一でカウンセリングに通い、一人だけ友達ができたのでその人たちとだけ喋っている
  • スマホ依存気味で夜起きっぱなしが増えているのをやめたい
サブスクライブ
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る