5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) あまりに怠惰過ぎて生活の全てを放棄していた頃
Where(どこで) 荒れ果てた自宅で
Why(なぜ) 何とかしなければいけない焦りはありつつもどうしても怠惰が勝ってしまう現状を打破するため
What(何を) 行動の一つ一つに
How(どのように) 心の中で「自分よりやる気のない年下の美少女」を生成し、「彼女のために行動する」と言う意味合いを無理矢理つけた
Then(どうなった) 「彼女のためなら仕方ない、やるか」の精神が身につき、ある程度自宅の状態がマシになった
前提条件
  • 生成する存在は筆者の推しキャラであり、理由のこじつけには「推しのため」も含まれている

なぜやってよかったのか

  • 「自分の為」を意識するとどうしても後回しにしてしまうが、「第三者のため」と考えると心に余裕が生まれ行動に繋げやすくなる

やらなかったらどうなっていたか

  • いつまで経っても自分の生活を後回しにし、環境の悪化から余計に精神状況を燻らせていた

備考

  • 「自己を後回しにする」という筆者の考え方は改善されていないため、根本的な解決には至っていない
  • 生成した美少女が「怠惰を共有してくる系美少女」だった場合、それに引っ張られ余計に悪化する可能性も十分に考えられる
サブスクライブ
Notify of
1 コメント
新しい順
古い順 投票された順
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Anonymous
1 月 前

これを究極化したのが宗教なんでしょうかね