5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者
When(いつ) 数年前
Where(どこで) とある同人誌即売会会場
Why(なぜ) とてもお世話になっている同人作家の方にどうしてもお礼と挨拶がしたくて
What(何を) 作家先生に
How(どのように) 本の感想や、新刊を毎回楽しみにしていることを伝えようとした
Then(どうなった) 中年のおじさんが登場し、感想は伝えられたもののいざその本を使って自慰行為に及ぼうとすると顔がフラッシュバックするようになってしまった
前提条件
  • 毎回筆者の性癖に刺さるシチュエーションの本を頒布してくれる

健常行動ブレイクポイント

  • 男性の性癖に刺さるということは大抵男性が執筆しているという想像力が欠如していた
  • ヘビーユーザーという驕りから認知を求めてはいけなかった

どうすればよかったか

  • 声などかけずに黙って買って帰ればよかった

備考

  • 今でもその作者の本では抜けない
  • 本人と作品の名誉のため、サークル名等は控えさせていただく
サブスクライブ
Notify of
4 コメント
新しい順
古い順 投票された順
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Anonymous
2 月 前

秋元康やつんくの歌詞でキュンとできるかできないかみたいな話か

Anonymous
2 月 前

「世の中の可愛いものは大体おっさんが作ってる」ってやつ思い出した

Anonymous
2 月 前

初めてコミケ行った時はこの人があんなドエロいもんを!?とかえげつないもん描く割にこの人女性だったのか…みたいな衝撃があり楽しかったけど、抜けなくなる人もいるんだなあ
難儀なものだ

Anonymous
2 月 前

追記:コミケが近いので日頃お世話になっている同人誌がある方向け