5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 同居人とシェアハウスをはじめた時
Where(どこで) 家で
Why(なぜ) 自慰行為の音や匂いがもし聞こえたら迷惑だと思ったため
What(何を) 自慰行為の回数を
How(どのように) 毎日から週2回ほどに落とした。
Then(どうなった) 体調が改善され、円滑にシェアハウス生活を営めている。
前提条件
  • 同居人は男性1人である。
    また、毎日自慰をしていた時は1ヶ月に1回熱を出していた。

なぜやってよかったのか

  • 自慰行為は習慣ですることが多く、条件が合えばしたくなってしまうものだったが、今回の件であえてしないという選択肢が生まれた。
  • 自慰行為の材料を探したり、行為自体の時間を短縮でき、睡眠や他の生産的な行動の時間確保につながった。

やらなかったらどうなっていたか

  • 毎日自慰を続けることになり、体調や睡眠の質を崩す癖を改められなかった可能性が高い。
  • 同居人との関係性が悪化した可能性も微小ながら考えうる。

備考

  • 自慰が悪いことではなく、性機能の正常な働きであるため、過度な制限には気をつけていきたい。
サブスクライブ
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る