5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 高校生の時
Where(どこで) カウンセリング中
Why(なぜ) 当時は吃音にかなりコンプレックスを感じていたため
What(何を) カウンセラーの「吃音でよかったことはある?」という質問を
How(どのように) 「お前の吃音は、吃音であることによる利益を享受するための詐病じゃないか?」という意図だと認識してしまった
Then(どうなった) 勝手にショックを受け、カウンセラーに心配された
前提条件
  • 答えにくい質問への回答を迫られた時など、精神的負荷が高い状況で吃音が悪化する自覚はあった

健常行動ブレイクポイント

  • カウンセラーが傷つける意図で発言することは職務上ありえないため、一見キツイことを言われているように感じた場合、それは勘違いである
  • そもそも、「吃音でよかったことはある?」という質問にネガティブな意図を見出すのは自罰的に過ぎる

どうすればよかったか

  • カウンセラーの職務/役割を再確認し、傷つける意図が存在しないことを理解すべきだった
  • 過度な自虐/自罰傾向は、他人の意図を容易に歪めてしまうため、自身で傾向を上手く操作できるようにするべきだった

備考

  • 数年後、人にこのエピソードを披露したところ、「カウンセラーさんはそういう意図じゃなかったんじゃないかな」とやんわりたしなめられた。
サブスクライブ
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る