5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 友人と遊んだ日の帰りに
Where(どこで) 帰りの車の中で
Why(なぜ) ユーモラスな返し方だと思って
What(何を) 「今日楽しかった?」と聞かれたので
How(どのように) 相手に対して、「いいや……『すごく』楽しかった」と返した
Then(どうなった) 「いいや」のところで相手が「えっ」と死ぬほど引いてしまい、その後の「すごく楽しかった」は相手の耳にあまり入らず、気まずくなった
前提条件
  • その後、「ごめん、面白いと思ってこういう返し方をした」と平謝りしたが、気まずさが残った

健常行動ブレイクポイント

  • 健常者は聞かれたことに対して素直に返す。健常者は会話の『間』を考えるようなことはしない。
  • 健常者は行動基準として「その方が返しが面白いから」という理由で行動を選択することは殆どなく、大抵は「真面目に」「無難で」「素直な」返しをする
  • 健常者は映画やアニメにありがちな台詞回しをしない。映画やアニメの台詞回しが面白いのは、それが脚本で相互に計画された動きだからである

どうすればよかったか

  • 良かったことや好きなことに対しては、素直に「良かった」「楽しかった」「好き」と返すべきだし、特に良かったなら素直に「すごく楽しかった」と返すべきだった
  • 相手が必ずしも、ドラマや映画、アニメ、漫才で重視されるような『間』を考えたコミュニケーションを取るとは限らないことを念頭に置く

備考

    サブスクライブ
    Notify of
    2 コメント
    新しい順
    古い順 投票された順
    Inline Feedbacks
    すべてのコメントを見る
    Anonymous
    12 日 前

    照れ隠しのしすぎはよくないものですね

    Anonymous
    7 月 前

    客観的に反省できていてとても良いと思った