5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 他の人と会話をするときに
Where(どこで) あらゆる場所で
Why(なぜ) 否定は良くないとコミュニケーションの本に書いてあったたため
What(何を) 否定を
How(どのように) 会話の中で一切やらないようにした
Then(どうなった) コミュニケーションがスムーズになり、余計な棘がたたないようになった
前提条件
  • 筆者は会話を常に否定から始める癖があり、そのせいで会話がうまくできない時期があった

なぜやってよかったのか

  • コミュニケーションは有益さのためだけにやるのではなく、その場の雰囲気を楽しむためや、リラクゼーションを目的として行うものもある。そのような会話においては、否定は無益である
  • 相手の話を肯定することによって、自分の話も肯定してくれるようになる。否定する者には否定が待つだろう。
  • 会話を中心にコミュニケーションの輪を広げ、筆者自身も会話の楽しさに気づくようになった

やらなかったらどうなっていたか

  • 一生コミュ障のままだった
  • 人間関係をうまく築くことができなかった
  • 会話することの楽しさを知れなかった

備考

  • ビジネスの場面だとまた別である
サブスクライブ
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る