5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 先月
Where(どこで)
Why(なぜ) 以前にも同じ内容のメールを既に読んでいる、と勘違いしていたため(実際には読んでいなかったにも関わらず)
What(何を) 繰り返し大学から送られてくる、同じ題名のメールの通知に
How(どのように) ウンザリし、中身をよく確認しないまま無視していた。
Then(どうなった) そのメールは、とある制度の申請に必要な書類の配布期間をリマインドするものだった。それに気づいた時には、書類の配布期間終了から数日が過ぎていた。

健常行動ブレイクポイント

  • 「前にもこれと同じ通知を見た」→「前にもこのメールの内容を確認したに違いない」と思い込んだ。

どうすればよかったか

  • 同じ題名・内容のメールが繰り返し来るということは、それだけ重要度の高いことが書かれていると気づくべきだった。
  • ↑を踏まえ、たとえ「既に読んだ」と思っていたとしても、もう一度内容を確認しておこうとするべきだった。

備考

  • なお、メールに気づいてすぐ大学に電話をしたところ、まだ資料が残っているので至急取りに来るよう告げられた。結果として、申請期間内に資料を提出できた。
  • ↑をしなかったらかなりの金額を失うことになっていたので、勇気を出して電話をかけてよかった。
サブスクライブ
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る