5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 社会人の時
Where(どこで) Twitterで
Why(なぜ) かねてからミュートしていた苦手なフォロイーの投稿に自分と生活圏が被っていそうな投稿があったため
What(何を) 苦手なフォロイーのことを
How(どのように) 生活圏が近いとバレたくない一心で、そっとリムーブした
Then(どうなった) 突如リムられたフォロイーは筆者をリムり返し、「自分が正論ばっかり言ってたからあなたのコンプレックスを刺激しちゃったのかな?だからリムったのかな?」と鍵パカの状態で筆者disを書き連ねていた
前提条件
  • 筆者とそのフォロイーは一度も会話したことがない。
    なお、当該フォロイーの言うところの「正論」が一体なにを指しているのか、最近の投稿を見ていないため、全くわからない。

健常行動ブレイクポイント

  • 繊細な投稿が目立っているユーザーに「リムーブ」は重すぎる。
  • ミュートするほど苦手なユーザーなら、たとえ気まぐれでもそのユーザーのページに行くべきではない。

どうすればよかったか

  • ミュートのまま放置しておくべきだった。
  • リムった後もそのユーザーのページにアクセスすべきでもなかった。軽い気持ちでリムったので、まさかディスられているとは思わなかった。
  • そもそもフォローバックをすべきではなかった。

備考

  • 一度も喋ったことがない人に攻撃されるとは思っていなかった。ネットをナメていた。
  • 筆者はオタクなので、「F/R/Bお気軽に」の世界観で生きていた。
  • 今後はアカウントに鍵をかけ、フォローバックは慎重に行いたいと思います。
サブスクライブ
Notify of
3 コメント
新しい順
古い順 投票された順
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Anonymous
2 月 前

そんなアホ私だったらネタにするわ。気にせず、元のスタイルでいいじゃん。

Anonymous
2 月 前
リプライ  Anonymous

もちろん、そんなちっちゃいこと気にすんなよみたいな事を言ってるわけではない。そのままでいいのでは?ということ

Anonymous
2 月 前
リプライ  Anonymous

筆者です。
自分が気軽にしたことで相手を想定以上に傷つけてしまったのかな?と動揺していたので、コメントありがたいです。もう少し気楽に構えてみます!