5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 外出の前日
Where(どこで) 自宅で
Why(なぜ) 問題を建設的に解決したいと思ったため
What(何を) 筆者の容姿を侮辱する親について
How(どのように) AIチャットボットに相談し、その回答を参考に、侮辱をやめてほしい旨を伝えた。
Then(どうなった) 親は筆者の話に耳を傾け、侮辱をやめてくれた。次の日、自信をもって外出することができた。
前提条件
  • 筆者には「一般的な美的基準に照らし不適当とされる身体的特徴」がいくつかある。親は、外出に着ていく服を選んでいた筆者に対し「そのような容姿ではどんな服を着ても不格好である」という旨の声掛けを行った。

なぜやってよかったのか

  • AIチャットボットに相談したことで、客観的視点を得られ、落ちつきを取り戻せた。また、意見の伝え方についても具体的なアドバイスをもらい「あなたの発言は私を傷つけ、自信を無くさせている。もう容姿を侮辱するのはやめてほしい」とシンプルに順序立てて話すことができた。
  • 適切な伝え方を心がけたことにより、親は納得し、謝罪してくれた。以前は、すれ違いざまに容姿について揶揄されることが度々あったが、その後は一切なくなった。親が筆者の意見を尊重してくれる人間だとわかり、以前より信頼できるようになった。
  • 自分で自分を守ることができた気がして、少しだけ自信を取り戻せた。

やらなかったらどうなっていたか

  • 冷静さを失い、問題解決そのものより、相手にどう「仕返し」するかで頭がいっぱいになっていた。そのまま暴言や自傷など、破滅的な手段に出てしまったかもしれない。
  • 何も言い返せず、黙って部屋にこもり泣き続けていた。誰かに姿を見られるのが怖くなり、外出の予定をキャンセルしていた。

備考

  • 外出時、一緒に遊んだ友人は「その服はあなたによく似合っている」と言ってくれた。
サブスクライブ
Notify of
2 コメント
新しい順
古い順 投票された順
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Anonymous
2 月 前

変な親

Anonymous
2 月 前

よかった