5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 筆者が
When(いつ) 高校1年の4月に
Where(どこで) 部活で
Why(なぜ) 自分と話してくれるのを気遣いだと思いこんでいたため
What(何を) 相手が振ってきた話題に
How(どのように) 曖昧な返事をし続けていた
Then(どうなった) 微妙な距離感を卒部まで引っ張った
前提条件
  • 筆者と相手は同じパートに入っていた

健常行動ブレイクポイント

  • 当時の筆者の自己肯定感がかなり低かった
  • 一緒に入部した友人とばかり話していた
  • 最後まで仲良くなろうとする努力をしなかった

どうすればよかったか

  • 素直に振られた話題について話してみるべきだった
  • 自分に自信を持つべきだった
  • 勇気を出すべきだった

備考

    サブスクライブ
    Notify of
    0 コメント
    Inline Feedbacks
    すべてのコメントを見る