5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 私が
When(いつ) 恋人と交際している時
Where(どこで) -
Why(なぜ) お互いに、気を遣わず楽に過ごすことが出来ていたために
What(何を) 好かれるための努力も、嫌われないようにする努力もせず、日々過ごした。
How(どのように) 1人でいる時が1番楽だけど、2人で居ても同じくらい楽に過ごせ、それが一緒にいる理由だったが
Then(どうなった) 居ても居なくても変わらないなら、居なくていいと気づいてしまった。
前提条件
  • 付き合う前から、「付き合っても私たち変わらないよね」と話していた / デートという名の散歩ばかりであった

なぜやってよかったのか

  • 恋人の関係を持続させるための努力を怠った。
  • そのような問題を抱えてることについて議論・対話をしなかった。
  • お互いを想えてないのに恋人の関係でいようとしていた。

やらなかったらどうなっていたか

  • 恋愛はドキドキが不可欠である。ドキドキを持続させる努力は恋人の関係を継続させるために不可欠なものだと認識し取り組んでいくべきだった。
  • 一緒にいて楽、お互いに好きだし、とだけ考え、一緒にいるだけで相手を想えていなかった。想えるためのイベント作りをもっと行うべきだった。
  • 恋人・家族だとしても、他人なので何も言わなくても伝わる関係などありえない。適切なコミュニケーションで倦怠期を乗り越えるべきであった。

備考

  • 相手は年上の人で好きより憧れの一面もあったかもしれない。
サブスクライブ
Notify of
4 コメント
新しい順
古い順 投票された順
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Anonymous
2 月 前

むしろ結婚相手としては最適なのでは?恋愛に夢見過ぎよ

Anonymous
2 月 前

恋をしていなかった

Anonymous
2 月 前

お互い年寄りになったらそんなドキドキすることもないだろうし、むしろずっと一緒にいるにはめちゃ良い関係だったんじゃ

Anonymous
2 月 前

一緒に暮らしても同じ気持ちを抱けるなら案外希少な相手かも…