5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 俺が
When(いつ) スマホを無くしたとき
Where(どこで) 外で
Why(なぜ) 電話で連絡したいことがあったため
What(何を) null
How(どのように) 電話番号が分かる人と分からない人がいた
Then(どうなった) 財布に連絡先を書いた紙をブチこんだほうがいいと最近気づいた
前提条件
  • 母と自宅の連絡先は覚えていたが、父の電話番号が覚えにくい
    • またLINEばっかり使ってるので、連絡先を覚える必要があまりなかった

なぜやってよかったのか

  • 母から父の連絡先を聞いたり、公衆電話から「104」(電話番号お調べサービス)にかけて、各所の連絡先を教えてもらうことができた
  • あとで連絡先を失念しても、財布に入れたら思い出しやすい

やらなかったらどうなっていたか

  • 連絡したいところに連絡できないため、めんどくさいことになっていた

備考

  • テレホンカードは2枚くらい財布に忍ばせておくといい
  • 104(電話番号お知らせサービス)とポケベル打ち(SMSが公衆電話で送れるサービス)は便利なので覚えておくといい。残念ながら筆者はポケベル世代ではないのでそれらも覚えたいと思っている。
  • タウンページがあると、冒頭に3桁の番号一覧があるのであらかじめ読んでみるのもおすすめする
サブスクライブ
Notify of
1 コメント
新しい順
古い順 投票された順
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る
Anonymous
2 月 前

スマホは一応ロックがかけられるのに対し、財布はできないので、自分が財布を紛失した際には知り合いの電話番号まで流出する事態になり迷惑がかかりかねない。