5W1H+Then状況説明

Who(誰が) 僕が
When(いつ) 中学生のとき
Where(どこで) 自宅で
Why(なぜ) 自分の体をエロくしたいと思い
What(何を)
How(どのように) 女性ホルモンを飲み始めた
Then(どうなった) 体が女性化する一方で性欲を失った

なぜやってよかったのか

  • 自分を性の対象にできなくなった
  • 男性の女体化は社会生活上、注目されてしまう

やらなかったらどうなっていたか

  • 女性ホルモンからではなく類似物質であるプエラリアから始めるべきだった

備考

    サブスクライブ
    Notify of
    7 コメント
    新しい順
    古い順 投票された順
    Inline Feedbacks
    すべてのコメントを見る
    Anonymous
    3 月 前

    中学生の時期であれば骨格への影響も発生したでしょうね……私などのようなトランスジェンダーの人間からすれば羨ましい限りですが、そういった事情がある訳でもない方からすれば苦しいことだろうと思います。

    3 月 前

    何で、やってよかったことのフォーマットで書いてるんだ…

    Anonymous
    3 月 前

    某YouTuberがやってたね

    Anonymous
    3 月 前

    女性ホルモンってそんな簡単に手に入るの?

    Anonymous
    3 月 前

    このコメント欄でいくら賢そうなこといっても、この記事の筆者の自分の身体で実験する行動力と、その結果を考察した結果の深い理解には届かない罠

    Anonymous
    3 月 前

    自分の身体の骨格でホルモンで肉付きが変わって、はたしてちゃんとエロくなるかどうかというのはよく考えよう(一敗)

    Anonymous
    3 月 前

    ニューハーフさんのいる夜のお店で裏方で働いている通りすがりです。
    女ホルは性欲減退だけでなく、男性機能(勃起や射精、さらに言えば受精機能なども)の減退を招く場合もあります。こちらは不可逆的なものです。
    また、長くやっていた女ホルを辞めると更年期障害のようなものがおこったり、そもそも始める頃にホルボケと言った症状が起こることがあります。
    必ずしも悪!という訳ではありませんが、主に不可逆的なものが起こって本当に良いのか?というのは必ず自分に問いかけてから飲むと良いですね。